boothアルバム通販サイトへのLinkです

マジカルミライ2017でVOCALOID Keyboard触ってきた!

VOCALOID Keyboard

ボーカロイドキーボードをマジカルミライ2017で試奏することができましたので、

いくつか分かったことを書いておきますね。

本家の詳細情報はこちらです。

https://www.vocaloid.com/vocaloidkeyboard/

全部の機能は触りませんでしたが、分かったものだけ書いておきます!

キーの仕様等

左手部分

握る方の部分でPitchとExpressionがありました。

ビブラートはPitchで操作する感じです。ちょっと慣れないと難しい感じでした。

ExpressionはMIDIのそれと同じですが、音量操作と同等です。

左手の親指部分では、歌詞の頭出し等、歌詞に関する操作スイッチ。

ディスプレイは2015年の試作品と違い、本体の横側になっていました。

右側部分

切り替えスイッチは、ボーカロイド以外のInstrumentsを選べるようになっており

YAMAHAのシンセ音源も内蔵されており、VOCALOIDではなく、シンセ音源を鳴らすことが可能です。

VOCALOIDはもちろん、和音を鳴らすことができませんが、こちらは、和音を弾くことができます。

ライブ等で、キーボードソロに切り替えて使う、なんてこともできますね。

こちらに、VOCALOIDのGenderのスイッチもあります。

 

右上のダイヤルは、リバーブ、コーラス、ディストーション、あともう一つ何か(忘れました。。)

これらは、同時に有効にすることができなくて、どれかを選んで使う感じです。

YAMAHAのシンセを使ったことがある方は非常にお馴染みな、MIDIにある同様のエフェクトと同じ音です。

右下のダイヤルはセレクターです。Instrumentsの切り替えや、Genderの数値を、回しながらレベルを上げたり

できるようになっています。

歌詞の入力

専用のスマホアプリが同時リリースされるようです。

こちらで、テキストをシンプルに入力してあげて、保存するとキーボードに、Bluetoothで転送される仕組み。

そんな感じでした~。

電源等

展示品は電池稼働でした。アダプタがあるかどうかは不明です。

音声出力

Line outでアンプにつながっていました。イヤホンジャックっぽいのもありました。

MIDI出力できるかどうかは確認不足です、すみませんー。

 

キーボードとは関係ないですが、いくつか撮った写真も置いておきますね!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA